〜明日の夢を架ける!〜

 業務案内

お問い合わせは、メールにてお願いします

〜『見て解る架設塾』〜

〜KYG-ヘルプ集〜

KYGの闘病記

〜オンラインショップ〜
AutoCAD

オブジェクトは回転せず、表示のみを回転する(AutoCADLT2012)

■オブジェクト自体は回転させずに、表示のみを回転させることができる
  またレイアウト画面のビューポートごとに表示を回転させ、保存することもできる


T.モデル画面で表示を回転させる

@[ホーム]タブ→[UCS]→[軸回転]ボタンをクリック→[Z軸回転]をクリック



AZ 軸を中心にして回転させる角度を指定
  時計回りに90度回転させる場合は[90]、反時計回りに90度回転させる場合は[-90]と入力

B[表示]→[3Dビュー]→[プランビュー]→[現在のUCS]



CUCSをワールドに戻す(作図するにあたって、思わぬ方向に作図されてしうまうのを防ぐ)
  [ホーム]タブ→[UCS]→[ワールド]をクリック



D元の表示に戻す場合は、
 [表示]→[3Dビュー]→[プランビュー]→[WCS]
  (Cの手順でUCSをワールドに戻した場合は、[現在のUCS]をクリックでもよい)



U.レイアウト画面で表示を回転させる

@レイアウト画面で回転させたいビューポート内をダブルクリックし、アクティブにする

Aモデル画面で表示を回転させる方法と同様の方法で、表示を回転させる

B回転された状態で全体表示されるので、
  既に尺度が設定されていた場合は、もう一度、尺度を設定

CUCSを[ワールド]に戻す

Dレイアウトのアクティブ状態を解除する

E[上書き保存]すると、ビューの設定も保存される