〜明日の夢を架ける!〜

 業務案内

お問い合わせは、メールにてお願いします

〜『見て解る架設塾』〜

〜KYG-ヘルプ集〜

KYGの闘病記

〜オンラインショップ〜
AutoCAD

オブジェクトの図心や面積などを取得する(AutoCADLT2012)

■MASSPROP<マスプロパティ>コマンドを使って、オブジェクトの図心や面積などを、
  計算することができる。リージョンまたは3Dオブジェクトにのみ使用できるコマンドである。


@[ホーム]タブ→[作成]→[リージョン]をクリック→オブジェクトを選択してリージョンに変更
  (※リージョンに変更できるのは、閉じたポリラインで作成されたオブジェクトのみ)



Aポリラインがリージョンに変更された

※[0個]となっていると、変更ができていない。ポリラインが閉じられていない。

オブジェクトプロパティも[リージョン]に変更されている


Aいずれかの方法で、マスプロパティコマンドを実行する
 ●メニューバーの[ツール]→[情報]→[リージョン/マスプロパティ]をクリック→オブジェクトを選択



 ●コマンドラインに[mas]と入力(MASSPROP)→オブジェクトを選択



図心や面積などが表示される



★[マスプロパティ]のツールバーを表示する
[表示]タブ→[ツールバー]→[AutoCADLT]→[情報]にチェックを入れるとツールバーが表示される