〜明日の夢を架ける!〜

 業務案内

お問い合わせは、メールにてお願いします

〜『見て解る架設塾』〜

〜KYG-ヘルプ集〜

KYGの闘病記

〜オンラインショップ〜
AutoCAD

[自動保存ファイル(.sv$)]を作成する(AutoCADLT2012)

■[自動保存]について
  作図中に、マシントラブル、電源トラブル等で、AutoCADLTが異常終了してしまった場合、
  次回、AutoCADLTを起動した際、[自動保存]されたファイルから、図面を修復することができる
  ただし、このファイルは、AutoCADLTが正常に終了された場合、または、
  保存/上書きが正常に行われた場合は、自動的に削除される

 1.拡張子・・・[.sv$]として保存される
 2.保存場所・・・[オプション]-[自動保存ファイルの場所]で設定されたフォルダ内に保存される
            デフォルト設定は、[C:\Users\コンピューター名\appdata\local\temp\]


  ※保存時にバックアップコピーとして作成される[.bak]ファイルとは異なる
   保存時に作成される[.bak]ファイルについては、こちらから
                >>>保存時にバックアップコピー(.bak)を作成する(AutoCADLT2012)

★[自動保存]を設定する

@画面で右クリック→[オプション]をクリック



A[開く/保存]タブ→[ファイルの安全確保]領域
  [自動保存]にチェック→[間隔]を指定→[適用]→[OK]をクリック




★[自動保存ファイルの場所]を設定する

@【オプション】→[ファイル]タブ→[自動保存ファイルの場所]→現在設定されているパスをクリック

A[参照]をクリック

B[フォルダーの参照]ダイアログボックスで任意のフォルダを選択→[OK]をクリック

C[適用]→[OK]をクリック



☆[自動保存ファイル(.sv$)]から図面を修復する方法はこちらから
            >>>[自動保存]された[.sv$]ファイルから図面を修復する(AutoCADLT2012)